北海道で賃貸住宅を探すときの重要ポイント


北海道の賃貸住宅の設備

関東で賃貸を探すときであれば、それほど意識せずとも当たり前のように備え付けてあるのがエアコンです。しかし、北海道の賃貸住宅ではエアコンが付いていない場合も珍しくありません。北海道では夏場の気温が30度を超えるような日はないので、エアコンがなくてもある程度快適に夏を過ごせます。反対に冬場の気温は氷点下になるのが当たり前で、エアコンだけで暖を取るのは心もとなくなります。こういった気候から、エアコンがない賃貸も普通になるわけです。何らかの目的でどうしてもエアコンが必要という場合には不動産業者に相談するのがよさそうです。同時に、厳しい寒さを乗り切るために、ガス暖房などのしっかりした設備があるかはきちんと確認することが重要になります。

北海道の賃貸住宅のルール

騒音が出ないように配慮する、ゴミの分別をきちんとする、などのマナーはどの地域であれ共通のものかと思います。一方で、北海道で生活する上で特筆すべきルールもあります。それが「水落とし」です。北海道では冬場の気温が氷点下になるのが普通です。暖房をつけている間は問題ないのですが、暖房を消して長期間家を留守にする場合は水道管の中の水が凍り、最悪の場合は水道管が破裂してしまう可能性もあるのです。そうならないよう、あらかじめ水道管の中の水を抜いておくことが「水落とし」というわけです。

「水落とし」のやり方は賃貸住宅によって異なることもあるので、入居の際に事前に確認しておくことが求められます。管理会社によっては「水落とし」のマニュアルを作っていることもあるので、不安な人は聞いてみるのもおすすめです。

札幌東区の賃貸は札幌市の東区に所在する賃貸物件で、住んだり仕事をしたり、販売を行うなどの目的で利用できる賃貸物件を言います。