理想のマイホームを建築できる!狭小住宅を選ぶ利点

上下のスペースを活用できる

狭小住宅は土地が狭いので収納スペースが不足すると考える人もいますが、上下のスペースを活用すれば問題ありません。横幅が狭い住宅でも3階建てにするだけで部屋数を増やせて、土地の購入費を抑えながら快適な暮らしを楽しめます。屋根裏部屋も収納スペースとして活用できて、大家族でも住宅の中が狭苦しく感じる事もないので、狭小住宅に興味のある方々は上下のスペースを活用してみましょう。3階建ての横幅が狭い住宅でも耐震性は十分に確保できて、地震にも怯えずに幸せな時間を過ごせます。土地によっては地下室も作れるので収納スペースが不足しないか心配な方々は、ハウスメーカーと相談しながら地質の調査を進めてください。

出費を抑えながらマイホームを建築

予算に余裕がないのでマイホームを建築するのではなく、賃貸住宅に引っ越そうか迷っている時にチェックしておきたいのが、税金を抑えられる狭小住宅です。土地の広さに合わせて課税額が増えていく固定資産税や都市計画税も、狭小住宅なら大幅に抑えられるので予算が少ない方々にも合っています。登記費用も土地の広さによって大きく変化する場合もあるので、狭小住宅を選ぶ事で出費をどれだけ減らせるのか試算してください。土地が狭いので土地代も安く抑える事ができて、都心であっても低価格のマイホームを建築できます。都心は土地代が高いので、マイホームを建築するエリアの候補から除外していたという人は、狭小住宅を建築する際には都心の土地もチェックしてください。

狭小住宅とは、一般に約15坪以下の土地に建てられる住宅を示します。狭い敷地でも住みやすい環境を作るため間取り等の工夫が必要ですが、固定資産税等の税金が抑えられるというメリットもあります。