注文住宅は木造にしたい?それならば建築工法の特徴をチェック!

注文住宅だからこそ建築工法について知っておくべき

注文住宅を検討するにあたっては、木造の家を希望するケースが珍しくありません。特に日本では伝統的に木造住宅が主流なので、この傾向が強く現れやすいと言えます。そこで注文住宅で木造を希望するのであれば、建築工法について知っておくことが求められます。設計の自由度が高い注文住宅では、家の規模やデザインあるいは室内の間取りや設備などの可否が、建築工法によって左右されるケースがよくあるからです。

日本古来より伝わる伝統的な工法

日本の木造建築工法で最もオーソドックスなのが、木造軸組在来工法です。柱と梁で骨組みして、さらに筋交いによって耐久性や耐震性を高めているのが、この工法の大きな特徴。もちろん素材のほぼ全てに木材を使用します。軽くしなやかな木材の特性が、建物にかかる負荷や衝撃を分散または吸収し、揺れにも強い構造を生み出します。

アメリカ生まれの新しい木造建築工法

アメリカをルーツとした木造建築工法で知られるのが木造枠組壁式工法、いわゆるツーバイフォー工法です。この工法の特徴は壁である木の板材と、2インチ×4インチの間柱によって、建物全体の構造を支えていること。日本の伝統的な木造軸組在来工法が柱と梁による点と線の構造に対し、ツーバイフォー工法では壁と間柱による面の構造というのが、大きな違いと言えます。

またツーバイフォー工法はあらゆる材料が規格化され、工法の手順も合理化が進んでいるため、建物の品質にムラが生じにくいのも特徴です。その上、量産化された材料やパターン化された工法によって、建築コストを大幅にダウンできるのは大きな魅力と言えるでしょう。

横浜の注文住宅には、様々な内容の注文が出来るものがあります。横浜を連想させるレンガ造り調のものから、シンプルなものまで好きなようにできます。