「それは聞いてないよ…」とならないために、住宅ローンでかかる諸費用を解説します!

金融機関と直接契約した場合は融資手数料がかかります

注文住宅の住宅ローンを申し込む際は金利のことばかりに目が向きがちですが、実は住宅ローンの借入時には様々な手数料などが発生するのです。まず金融機関というのは、住宅ローンの手続きを無料でやってくれるわけではありません。手続きをしてもらったことに対する手数料を支払わなければならないのです。この費用は“融資手数料”と呼ばれています。

そして融資手数料は定額タイプか定率タイプかによって、額が大きく異なるのです。定額タイプの場合は、1~3万円が相場となっています。定率タイプの場合は、総借入額の1~2%を融資手数料として請求されるのが一般的です。定率タイプでは手数料だけで数十万円かかることもあるため、住宅ローンを検討し始めた段階で金融機関がどちらのタイプの融資手数料を設定しているのかを確認するようにしましょう。

不動産会社に代行を依頼したら斡旋手数料がかかります

注文住宅を建てた人からは「不動産会社に住宅ローンの手続きを代行してもらったので、融資手数料がかかりませんでしたよ」という声が上がることがあります。しかし不動産会社に代行を依頼した場合は、“斡旋手数料”が発生しているはずです。不動産会社は融資手数料に自社の代行料をプラスし、斡旋手数料という名称にして契約者に融資手数料も負担させているのです。

また“住宅ローン保証料”も見落としてはいけません。住宅ローンでは保証会社とも契約しなければならないケースが多いのですが、ローンの返済が万が一滞ったときはこの保証会社が契約者に代わってローンの残金を返済してくれるのです。この保証料も数十万円に達することがあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

名古屋の注文住宅は設計者が親身になって相談してくれるかやアフターサービスが充実しているかがポイントです。