失敗しない賃貸物件を選ぶコツ~家賃の考え方~

条件の良い物件は家賃が高め!収入を考えた住まい選び

最近の賃貸情報は、物件の建物や部屋のさまざまな場所を写真付きで見られるようになっていて、住むイメージが広がってワクワクしますよね。その中でも広々としていて開放的な住まいや、オシャレな雰囲気の部屋があれば住んで見たい!と思うこともあるでしょう。しかし、そのような広い間取りやオシャレな住まいは人気が高く、家賃も高い可能性大です。収入に余裕があれば高い家賃でも、やりくりできるかもしれません。しかし、収入に見合わない物件を選んでしまうと、毎月赤字続きになってお金の工面に苦労する羽目になることもあるので気をつけましょう。家賃だけではなく、生活していくためには想像以上のお金がかかるものです。収入を考えた家賃の予算を考えてから賃貸物件を選んでいきましょう。

家賃の予算の設定方法とは

「ちょっと背伸びした家賃の部屋でもなんとかなるでしょ」と気楽な気持ちで賃貸契約してしまうと、後で家計が苦しくなって困ったり、痛い目に合うこともあります。条件が良い部屋に住みたい気持ちはわかりますが、余裕をもって生活していくためには、収入を考えた家賃の予算の設定をしておくことが大切です。賃貸物件は、家賃と管理費をセットにして月々支払うスタイルが多いです。月収の手取りの3分の1が家賃の予算の目安と言われています。生活には様々な出費が重なるので、収入とのバランスを考えれば納得の行く目安となるでしょう。どうしても広くてオシャレな部屋に住みたいなら、駅から15分以上の離れたエリアであれば家賃が安めになるので、そういった場所を狙ってみるのもよいでしょう。

札幌中央区の賃貸は、東西線や市電など複数の電車が通っているので、駅から近い物件が多く通勤通学に便利です。