賃貸住宅で「騒音」が気になるなら鉄骨造りや鉄筋造りが良い

築古の木造は騒音問題が発生しやすい

賃貸住宅を借りる時に、住人同士が起こしやすいトラブルがあります。それが「騒音問題」です。これは賃貸住宅のトラブルの中でも、一番多いものではないでしょうか。特に木造で作られている古いアパートなどでは、特に起こりやすい傾向にあります。最近の木造住宅では騒音防止の「グラスウール」などの防音材を採用しているアパートも増えています。しかし、特に昭和時代に作られたような物件では、そのような設備に乏しく騒音に悩まされることが多々あります。

重量鉄骨や鉄筋のマンションでは騒音が起こりにくい

もしも賃貸住宅を借りる際に、そのようなトラブルに巻き込まれたくないのであれば、重量鉄骨や鉄筋コンクリートで作られている物件を選ぶようにしましょう。木造に比べると鉄骨や鉄筋では、上下階や隣の部屋の音を抑えられる傾向にあります。もちろん木造であっても最新設備であれば、防音対策も施されていることでしょう。しかし木造と比べると、鉄骨等は騒音に強く作られているのは事実なのです。

一戸建て賃貸を借りるという方法も

もう一つの方法として、戸建の賃貸住宅に住むというのもベストです。戸建の賃貸住宅であれば、アパートやマンションのように、屋根続きではないので、上下階や隣の部屋の騒音を気にする必要がなくなります。もちろん、自分が発する生活音も気にせずに生活することが出来ます。基本的に一戸建て賃貸住宅は、ファミリー層向けのものが多いですが、中には単身者でも安く借りられるようなものも存在しています。これであれば、音を気にせずに生活できるので安心ですね。

札幌市内や新千歳空港などにもアクセスが良い江別の賃貸物件は、自然豊かな環境を好む方を中心に人気があります。