住宅ローンは変動金利と固定金利どちらが良いの?

固定金利型の特徴とは

注文住宅を建築する際、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになりますが、この時に頭を悩ませるのが、固定金利型にするのか変動金利型にするのか、という点です。固定金利型と変動金利型のどちらが良いのかについてですが、それぞれ異なる特徴がありますし、その時の経済状況によってどちらが良いかも変わってきます。したがってそれぞれの特徴をよく把握したうえで選ぶとよいでしょう。

まず固定金利型は、ローンを組む際に適用された金利がずっと変わらないのが最大の特徴です。金利というのは景気によって変動するのですが、固定金利で組めば景気が良くなろうが悪くなろうが変動しないので、返済計画を立てやすいというメリットがあります。しかし景気が悪くなっても金利が変動しないため、その時は割高な印象を持ちやすいです。

変動金利型の特徴とは

変動金利型はその名前の通り、ローンを組んだ時に設定されている金利でずっと返済し続けるのではなく、景気の動向などによってその都度金利が変わる可能性があります。基本的に景気が良くなってくれば金利が上昇していきますし、逆に景気が悪くなれば金利は組んだ時よりも下がるときもあるので、景気があまりよくない時は変動金利で借りておいたほうが良いでしょう。しかし金利が上昇すると当然返済額もアップしてくるので、これまでの返済計画を見直さなければならないという場合もあります。最初に設定されている金利を比較すると、変動金利のほうが固定金利よりも低く設定されている場合がほとんどです。

大阪の注文住宅は大阪で家を建てたい人から人気がある住宅で、自身の希望にできるだけ沿った住宅を建てることができます。